月別アーカイブ: 2016年10月

住宅ローンの相談はファイナンシャルプランナーにするのがベスト

お金の問題について相談をするなら、ファイナンシャルプランナーが最適です。
ファイナンシャルプランナーなら、保険の相談もできますし、投資の相談もできます。
また、不動産を取得するときには住宅ローンの設定をしなければならないのが普通ですが、その相談もできるので大変便利です。
住宅ローンはとくに、金利タイプを選んだり、返済額のシミュレーションをしたりと、かなり深い専門的知識が必要になる行為です。
素人が適当に住宅ローンの契約を結んでしまうと、数百万円という損が出てしまうこともあるでしょう。
ですから、こうした難しい契約についてはファイナンシャルプランナーにアドバイスをもらうのが理想的です。
どうすれば月々の返済額を減らせるのかという具体的なアドバイスをもらうことができます。
また、住宅ローン減税の使い方等もレクチャーしてもらえるので便利です。
ファイナンシャルプランナーに相談をするともちろんコストがかかってしまいますが、そのコスト以上の得ができるケースが多いわけです。
ですから、こうした難しい契約時には多くの人が専門家の意見を聞きます。
銀行の担当者も詳しい話はしてくれますが、自分にとって本当に得になるプランを推奨してくれるわけではない点に注意しましょう。

三大疾病で住宅ローンを借入れるためには

住宅を購入するために組むローンのことを、それ以外のローンと区別するために「住宅ローン」と言います。
戸建てやマンションなど大小様々ありますが、決して少なくないお金をローンするということになるので、借主がきちんと返済することが必要不可欠です。
このため、借主が三大疾病などの大きな病気を抱えている状態だと、住宅ローンの審査が通らない可能性があります。
ローンを返済しきる前に病が重篤化して働けなくなる、あるいは亡くなってしまうというリスクが、健康な人よりも高いからです。
三大疾病とは「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」のことを示し、一度かかるとその後なんら問題なく生活できる可能性は低く、完治が難しい病ばかりです。
では、三大疾病にかかってしまうと二度と住宅ローンを借入することができないのでしょうか。
答えとしては、条件などがやや厳しくなるけれど、探せば三大疾病の人でも借入可能なローンは存在します。
具体的には団体信用生命保険、略して団信と呼ばれる保険への加入が必須条件になっていることが多いです。
万が一、借主が亡くなるようなことがあれば、この生命保険が住宅ローンの貸主である金融機関に対して保険金を支払い、残ってしまったローンの差分を補てんしてくれる仕組みになっています。
月々の保険料が発生するのでやや支払いの負担があがるというデメリットはありますが、疾病にかかってしまった人の心強い味方と言えるでしょう。

無担保住宅ローンのメリットとデメリット

住宅ローンの一般的な仕組みとしては、そのローン対象となる土地や建物を担保にして金融機関が資金を融資してくれます。
そのため、万が一住宅ローンが支払えなくなった時には、そのローン対象の住宅を手放さなければならない可能性があります。無担保住宅ローンは、その名前の通り、担保になるものがありません。
そのため物件に対する審査がない分、金融機関の審査にかかる時間が短いです。
また、通常の住宅ローンで支払わなければならない銀行の抵当権設定などにかかる費用もありません。
これらはメリットといえるのではないでしょうか。
一方で無担保だからこそデメリットも存在します。
お金を貸し出す金融機関としては、設定する担保となる不動産がありませんので、貸し出し金利は一般的な住宅ローンより高く設定される傾向にあります。
ローン返済期間も短期間で設定されることが多いため、月々の支払が高めになるでしょう。
融資される限度額も低めに設定されています。
無担保と聞くと担保を提供する必要がないために、何となく得をしたような気持ちになるかもしれませんが、メリットとデメリットが存在しますので、どちらが自分にとって良いのかということをしっかり検討したほうがよいかもしれません。

住宅ローンにおける家族や夫婦のトラブル

住宅の購入は大きな費用がかかります。
そのため住宅ローンの返済は、一般的に20年から30年と長期にわたる返済となります。
この間、夫婦や家庭のなかでは生活環境に大きな変化があります。
例えば子供が増える、定年退職するといったケースです。
住宅ローンのトラブルは様々あります。
たとえば住宅ローンの返済ができなくなったケースです。
勤務先の倒産やリストラにあうといったことが挙げられます。
もしローンの返済ができなくなった場合は、金融機関から電話や請求書によって返済の督促がなされます。
一定期間が過ぎると、保証会社から強く返済を迫られます。
また、夫婦におけるトラブルのケースがあります。
夫婦で同じ住まいで暮らす時には、お金を出し合って購入することが多くあります。
この時、資金に応じて住宅の持分割合を設定し、さらに住宅の名義は夫婦共有の名義にする必要があります。
住宅の名義をふたりのどちらか一方にしてしまうと、夫婦どちらか一方が出した金額は贈与として扱われる場合があるからです。
さらに、共有名義に設定したとしても離婚した際には残りのローンをどういった割合で返済するかでトラブルが起こるケースがあります。
住宅は高額な買い物であるため、事前に購入資金や持分については相談する必要があります。

妻名義の住宅ローンで注意する事

住宅ローンを組む時に夫名義にする人が多いですが、中には妻の名義でローンを組む人がいます。
確かに夫よりも収入が多かったり夫に破産歴がある等の理由の場合、妻の方が住宅ローンに通る可能性は高いです。
しかし人生で一番高い買い物と言われるマイホームを買う為の住宅ローンは金額が大きく、10年20年と返済し続ける事も普通です。
なので夫婦どちらの名義にするとしても、これから先年十年も返済していく事をしっかりと考慮するべきです。
妻が住宅ローンを組んだ時一番問題になるのは、出産や育児等の理由で仕事が出来なくなった時です。
基本的に妻が住宅ローンを組む場合夫よりも収入が安定しているケースが多いので、その収入が無くなるのは支払いに大きな影響を与えます。
その時夫がカバーできれば良いですが、出来ない場合ローン破綻に繋がる可能性もあります。
また共働きの家庭でもどちらかの収入減によってローン返済が厳しくなる事は十分にありえるので、その場合早急に金融会社と相談すると良いです。
今までの信用があれば収入が元に戻るまで返済額を少なくしてくれる等、考慮してくれる事もあります。
またローン返済について細かく記録しているブログがあるので、そうした人の体験段を参考にして妻の収入源を乗り切るのも良いです。

住宅ローンにおける在籍確認について

住宅ローンの審査の最終段階になると勤務先や自宅等に在籍確認の電話が入るようになる場合があります。
どのローンでもそうですが、住宅ローンの場合だと金融会社にとってはきちんと返済してもらえるかどうがが一番大切になります。
勤務先に電話を入れることで安定した収入があるかどうかを確認しているのと同時に、信頼できるかどうかも確認しています。勤務先に在籍確認の電話があった際に本人が出れば一番よいですが、万が一本人が不在の場合でもきちんと勤務している事が分かればよいとされています。
万が一在籍確認が取れない場合には安定した収入がないばかりか、申請書に虚偽記載をしているか変更もきちんと報告しない人として判断され、否決される可能性が非常に高くなります。
次に住宅ローンの審査の最後には自宅や携帯電話に連絡が入る場合もあります。
金融会社にとっては万が一支払いが遅れた場合に連絡が取れるかどうかを確認しています。
本人が不在でも自宅にいる事が分かればよいとされています。
固定電話がない家庭も最近では多いため、携帯電話でもよいとされています。
万が一在籍確認ができない場合には連絡先がわからない人と判断され審査が否決される可能性が高くなります。

住宅や車のローンを組む前にファイナンシャルプランナーに相談を

不動産の購入は人生において高価な買い物の一つです。
一括で支払うことが出来ればスッキリしますが、住宅ローンを組む場合は何年の住宅ローンにすれば良いかを長期的なスパンで考えて行く必要があります。
さらに公共交通機関の利用で用事が足りる場所に住むのか、あるいは郊外に住むため車を保有するかで車ローンについても考える必要が生じてきます。
その他にも子供の養育費やその後の専門学校や大学などの費用に加え、老後の資金など、お金に関する事柄はしっかりと計画と管理を行う事が重要となってきます。
また住宅ローンを組んだ後には不動産にまつわる税金も関係してきます。
車ローンに関しても車本体のローンの他に自動車税や車検費用、車の維持管理費用や自動車保険についても考慮する必要があります。
そのようなお金にまつわるライフプランニングを行う際にファイナンシャルプランナーは助けとなります。
人生における重要なライフプランニングを行う上で、人生のどの時期にどのくらいの費用が必要で住宅ローンや車ローンの支払いのバランスの取り方など後々無理のない人生設計を行う上でファイナンシャルプランナーは助けとなります。
ファイナンシャルプランナーは国家資格なので社会的信頼度も高く、当人に合ったライフプランニングを行ってくれます。
住宅や車などの各種ローンを組む前に一度ファイナンシャルプランナーに相談することで賢いお金の運用を行うことができます。

物件の売却をするときは不動産査定を

マイホームや投資用で所有していた不動産も、時には売却を検討することもあるのではないでしょうか。
売却する際には、出来れば高く売りたいと思う人が殆どだと思います。
さらに、まだ売却するかどうか迷っている時にも不動産査定をしてみることで客観的な情報が得られます。
では、具体的にどのようにして不動産査定を進めればよいのでしょうか。
また、費用も気になるところです。
方法としては最初にいくつかの不動産会社を決めておきます。
大手や地元に強い、など特色や得意分野が違う不動産会社にすると良いかもしれません。
さらに、投資用物件を扱う不動産会社なども自社買取を積極的に行っていることもあり、急いで売却したい場合には連絡してみると良いでしょう。
不動産査定を依頼するのには費用は全くかかりません。
そのため、何社でも不動産査定を依頼することが可能です。
不動産査定をしてもらうと、どれ位の金額で売却が可能なのかが分かりますので、その物件のローンが残っている場合には残債を相殺することが可能か、残債以上の金額を得ることができるのかをある程度判断して進めることができます。
不動産会社によっては他社の査定よりも高く買い取るという宣伝をしているところもあります。

住宅ローンは無理なく支払える範囲で

賃貸住宅に住んでいる人が、今の家賃の範囲内で住宅ローンを組み、マイホームを持てると聞けば、誰でも興味をそそられることでしょう。
ライフスタイルのこだわりからあえて賃貸住宅に住んでいる人も多くいますが、心の底ではマイホームへの憧れがあったりもします。
家賃を払い続けても資産は残らないが、同じ出費の範囲で家が持てるならそのほうが得ではないか、と考えるのは当然です。
しかし実際には、賃貸ではかからなかった住宅ローン以外の出費が多くなったりして、それまでの生活レベルを維持できなくなることもあります。
マイホームには固定資産税、メンテナンス費用など、賃貸住宅では不要なお金がかかります。
これらの出費も充分に考慮した上で、無理のない範囲で払える額の住宅ローンを組むようにしましょう。
自己資金が足りない時は、頭金が貯まるまで住宅購入を待つのが理想ですが、低金利時代の今は住宅の買い時です
自己資金が足りなくても、親からの援助が受けられるなら、先に購入してしまうのも1つの方法です。
1年で110万円を超える額の贈与には贈与税がかかりますが、住宅取得資金の贈与に限っては一定の非課税額が設けられている時もありますので、最新の住宅支援制度を確認してみましょう。

住宅ローンと、事前審査の書類申請その期間は?

住宅ローンとは、購入を考えている土地・建物の購入資金の融資で、金融機関に申請を行い。
事前審査に通れば個人の所得に合わせて融資を受け、長い期間で返済をすることができる金融機関の商品です。
住宅ローンを組む前に、工務店やメーカーでは、事前審査を行います。
審査を行う場合は、すでに購入する場所が決まっていて、業者が提示する「土地」+「建物」の金額で審査に出します。
建売の場合は提示されている価格で審査に出します。
住宅ローンを組む前には、大抵の場合。
事前審査を行い【仮審査】とも言われています。

仮審査での必要書類は、役場などで取得してくる。
「年収確認資料・本人確認書類」年収確認資料は、源泉徴収表・所得証明書のどちらかが、あれば大丈夫です。
又、本人確認書類は、各免許・パスポート・保険証などが該当します。
必要書類を用意し、工務店やメーカーに訪れると、仮審査申込書を用意してくれているので、記入します。
自分の所得に合わせて、融資をしてくれそうな銀行に仮審査に出します。
事前審査(仮審査)の期間は、通常で早くて2日・長くても2週間で結果が出ます。
この仮審査の期間は、審査員が順番に行っているので、仮審査をする購入者が、多ければ多いほど日数がかかるようです。