住宅ローンは無理なく支払える範囲で

賃貸住宅に住んでいる人が、今の家賃の範囲内で住宅ローンを組み、マイホームを持てると聞けば、誰でも興味をそそられることでしょう。
ライフスタイルのこだわりからあえて賃貸住宅に住んでいる人も多くいますが、心の底ではマイホームへの憧れがあったりもします。
家賃を払い続けても資産は残らないが、同じ出費の範囲で家が持てるならそのほうが得ではないか、と考えるのは当然です。
しかし実際には、賃貸ではかからなかった住宅ローン以外の出費が多くなったりして、それまでの生活レベルを維持できなくなることもあります。
マイホームには固定資産税、メンテナンス費用など、賃貸住宅では不要なお金がかかります。
これらの出費も充分に考慮した上で、無理のない範囲で払える額の住宅ローンを組むようにしましょう。
自己資金が足りない時は、頭金が貯まるまで住宅購入を待つのが理想ですが、低金利時代の今は住宅の買い時です
自己資金が足りなくても、親からの援助が受けられるなら、先に購入してしまうのも1つの方法です。
1年で110万円を超える額の贈与には贈与税がかかりますが、住宅取得資金の贈与に限っては一定の非課税額が設けられている時もありますので、最新の住宅支援制度を確認してみましょう。