三大疾病で住宅ローンを借入れるためには

住宅を購入するために組むローンのことを、それ以外のローンと区別するために「住宅ローン」と言います。
戸建てやマンションなど大小様々ありますが、決して少なくないお金をローンするということになるので、借主がきちんと返済することが必要不可欠です。
このため、借主が三大疾病などの大きな病気を抱えている状態だと、住宅ローンの審査が通らない可能性があります。
ローンを返済しきる前に病が重篤化して働けなくなる、あるいは亡くなってしまうというリスクが、健康な人よりも高いからです。
三大疾病とは「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」のことを示し、一度かかるとその後なんら問題なく生活できる可能性は低く、完治が難しい病ばかりです。
では、三大疾病にかかってしまうと二度と住宅ローンを借入することができないのでしょうか。
答えとしては、条件などがやや厳しくなるけれど、探せば三大疾病の人でも借入可能なローンは存在します。
具体的には団体信用生命保険、略して団信と呼ばれる保険への加入が必須条件になっていることが多いです。
万が一、借主が亡くなるようなことがあれば、この生命保険が住宅ローンの貸主である金融機関に対して保険金を支払い、残ってしまったローンの差分を補てんしてくれる仕組みになっています。
月々の保険料が発生するのでやや支払いの負担があがるというデメリットはありますが、疾病にかかってしまった人の心強い味方と言えるでしょう。