無担保住宅ローンのメリットとデメリット

住宅ローンの一般的な仕組みとしては、そのローン対象となる土地や建物を担保にして金融機関が資金を融資してくれます。
そのため、万が一住宅ローンが支払えなくなった時には、そのローン対象の住宅を手放さなければならない可能性があります。無担保住宅ローンは、その名前の通り、担保になるものがありません。
そのため物件に対する審査がない分、金融機関の審査にかかる時間が短いです。
また、通常の住宅ローンで支払わなければならない銀行の抵当権設定などにかかる費用もありません。
これらはメリットといえるのではないでしょうか。
一方で無担保だからこそデメリットも存在します。
お金を貸し出す金融機関としては、設定する担保となる不動産がありませんので、貸し出し金利は一般的な住宅ローンより高く設定される傾向にあります。
ローン返済期間も短期間で設定されることが多いため、月々の支払が高めになるでしょう。
融資される限度額も低めに設定されています。
無担保と聞くと担保を提供する必要がないために、何となく得をしたような気持ちになるかもしれませんが、メリットとデメリットが存在しますので、どちらが自分にとって良いのかということをしっかり検討したほうがよいかもしれません。