住宅ローンにおける家族や夫婦のトラブル

住宅の購入は大きな費用がかかります。
そのため住宅ローンの返済は、一般的に20年から30年と長期にわたる返済となります。
この間、夫婦や家庭のなかでは生活環境に大きな変化があります。
例えば子供が増える、定年退職するといったケースです。
住宅ローンのトラブルは様々あります。
たとえば住宅ローンの返済ができなくなったケースです。
勤務先の倒産やリストラにあうといったことが挙げられます。
もしローンの返済ができなくなった場合は、金融機関から電話や請求書によって返済の督促がなされます。
一定期間が過ぎると、保証会社から強く返済を迫られます。
また、夫婦におけるトラブルのケースがあります。
夫婦で同じ住まいで暮らす時には、お金を出し合って購入することが多くあります。
この時、資金に応じて住宅の持分割合を設定し、さらに住宅の名義は夫婦共有の名義にする必要があります。
住宅の名義をふたりのどちらか一方にしてしまうと、夫婦どちらか一方が出した金額は贈与として扱われる場合があるからです。
さらに、共有名義に設定したとしても離婚した際には残りのローンをどういった割合で返済するかでトラブルが起こるケースがあります。
住宅は高額な買い物であるため、事前に購入資金や持分については相談する必要があります。