住宅ローンにおける在籍確認について

住宅ローンの審査の最終段階になると勤務先や自宅等に在籍確認の電話が入るようになる場合があります。
どのローンでもそうですが、住宅ローンの場合だと金融会社にとってはきちんと返済してもらえるかどうがが一番大切になります。
勤務先に電話を入れることで安定した収入があるかどうかを確認しているのと同時に、信頼できるかどうかも確認しています。勤務先に在籍確認の電話があった際に本人が出れば一番よいですが、万が一本人が不在の場合でもきちんと勤務している事が分かればよいとされています。
万が一在籍確認が取れない場合には安定した収入がないばかりか、申請書に虚偽記載をしているか変更もきちんと報告しない人として判断され、否決される可能性が非常に高くなります。
次に住宅ローンの審査の最後には自宅や携帯電話に連絡が入る場合もあります。
金融会社にとっては万が一支払いが遅れた場合に連絡が取れるかどうかを確認しています。
本人が不在でも自宅にいる事が分かればよいとされています。
固定電話がない家庭も最近では多いため、携帯電話でもよいとされています。
万が一在籍確認ができない場合には連絡先がわからない人と判断され審査が否決される可能性が高くなります。